これまでの研究業績info

@著書・共著・編著
2004 「『公共であること』の変容 地域情報の産出をめぐる北海道・札幌市の試みを中心に」 『現代社会理論とメディアの諸相』中央大学出版部.
1997 「メディア・コミュニケーションの中の『受け手』」 『現代マス・コミュニケーションの再考』学文社.
A研究論文
2005 「地域住民による《メディア活動》をどのように捉えるのか」 『中央大学文学部紀要』第15号.
2005 「見出された『昭和30年代』 メディア表象の論理と過程から」 『応用社会学研究』47号.
2005 「地域住民にとってのメディア活動の意味づけに関するノート」 『中央大学社研年報』9号.
2004 「昭和30年代へのまなざし」 『応用社会学研究 』第46号.
2004 「地域社会という文脈の中でのインターネット・コミュニティの動向」 『平成15年度情報通信学会年報』
2004 「ブロードバンド技術を活用したCATV事業の動向とその受容 北海道紋別郡西興部村を事例として」(共著) 『中央大学社研年報』8号.
2003 「『所得倍増』をめぐる雑誌メディア言説についての実証研究」 『応用社会学研究 』第45号.
2003 「農村ケーブルテレビにおける放送・通信事業の取り組みについて」 『中央大学社研年報』7号.
2002 「メディア研究における「解釈共同体」概念について」 『立教大学社会学研究科論集』9号.
1999 「テレビ普及期の視聴者に関する考察」 『立教大学社会学研究科論集』6号.
1998 「テレビ放送黎明期の視聴者についての一考察」 『立教大学社会学研究科論集』5号.
1998 「“情報共創型”コミュニケーションとは」 『JAAA REPORT』 461号.
1997 「『コミュニケーション総過程論』再考」 『立教大学社会学研究科論集』4号.
1996 「メディアコミュニケーションにおける能動性とは」 『立教大学社会学研究科論集』3号.
1996 「メディアコミュニケーションと能動的主体の検討」 『テレコム入賞論文集』No.5.
1995 「受容過程分析を通した社会史研究に向けて」 『立教大学社会学研究科論集』2号.
1994 「現代人の情報意識とコミュニケーション構造〜特にデマとの関わりにおいて」 『中央社会学』2号.
B報告書
2005 「消費者のリスク意識とCM接触」(共著) 『リスクメッセージを含む広告表現とその受容に関する実証研究』報告書.
2004 「ニュースメディアとしてのインターネット」 『インターネット時代におけるニュースの構造変化に関する研究』報告書.
Cその他
2005 「メディアテクストとしての所得倍増計画」 『同時代史学会NEWS LETTERS』.
2004 メディア関連用語解説(執筆分担) プロフェッショナル英和辞典『SPED VEGA』小学館
2004 「マス・コミュニケーション関連年表」 『概説マス・コミュニケーション論』学文社.
2004 「マス・コミュニケーション研究の関連書籍一覧」 『概説マス・コミュニケーション論』学文社.
2001 「マスコミ学がわかるキーワード50」 AERAMOOK『新・マスコミ学がわかる』朝日新聞社
2001 「マスコミ学がわかる50冊」 AERAMOOK『新・マスコミ学がわかる』朝日新聞社
D学会発表(工事中)

Lab_topへ